清水萌果さん

Home  /  内定者紹介  /  関東地区  /  清水萌果さん

清水 萌果 (Monika Shimizu)

フェリス女学院大学

文学部 コミュニケーション学科

清水モニカさん

 

【TAKAMI BRIDALに入社を決めた理由】

一言で表すと、【就職活動を行っているうちにTAKAMI BRIDALが大好きになっていたから】です。

人事部の方の、学生ひとりひとりと真っ直ぐ向き合ってくださるところ、わたしたちのありのままを見てくださるところ、

またいつも笑顔で迎えてくださる温かさなど、この会社でこういった社会人になりたい!

という強い想いをどの会社よりも抱くことができました。

【内定者になって感じるTAKAMI BRIDALの魅力】

 「相手のことを思いやる姿勢」を先輩方全員が常に持っていらっしゃるところです。

TAKAMI BRIDALのクルーの方はどんな時でも温かく、人を大切にしていらっしゃると感じる場面に

何度も出会いました。

 「ありがとう」や「笑顔」は文字で表してしまうと、何でもないような当たり前のことのように思えるかもしれません。

しかし、「ありがとう」や「笑顔」のパワーはとても大きく、周りをどれだけ幸せにできるのか、

そして自分自身もどれだけ幸せな気持ちになれるのかということを実感することができました。

そのようなことを内定者の段階から気付かせてくださった点も、TAKAMI BRIDALやクルーの方々の魅力だと感じています。

 

【就職活動を控える学生のみなさんへメッセージ】

 みなさんは「就職活動」に対してどのようなイメージを持っていますか?

 「就職活動」と漢字4文字で表されてしまうと重く、堅苦しく感じますが、

そこには「自分が心から『ここで働きたい!』と思える会社を探す」というとても大きな意味が含まれていると思います。

そのために大切なのはまず、「好きになること」! 

雰囲気や社風など、自分にぴったりなところを見つけるのはもちろん、

「その会社が好きかどうか」を就職活動では大事にして欲しいです。

本当に好きな会社であれば、きっとみなさんの想いは選考で伝わると思いますし、

内定が決まってからも、社会人になってからも色々なところで原動力になると思います。

みなさんが心から素敵だなと思える会社に出会えるよう、お祈りしています☆

自分の気持ちを信じて、最後まで諦めずに頑張ってください!☆