16.10.06 同志社大学での授業スタート

Home  /  Blog  /  16.10.06 同志社大学での授業スタート

16.10.06 同志社大学での授業スタート

2016-10-06

みなさん、こんにちは!採用チームの森神です。

今週火曜日はドレスサロンでCOLLEGEの講義でした!
この日は、スタイリストとしてのロールプレイングに挑戦していただきました☆

講師による細かいレクチャーを受けたあと
実際にドレス選びからアクセサリーのコーディネートまでを行っていただきました♪

講師の動きは簡単そうなのに…実際、やってみると難しい!!
そんな気づきもあったようです(^^)/

が、何よりも大切なこと☆
それは、まずお客様がお喜びになることを精一杯考えることから。
そこができていたことが、すばらしかったです☆☆

いよいよ明日は、自身がどこまで理解ができているかを知るための修了試験です。
あっという間にコースも修了となることがさびしいですが…
笑顔で送りだせるように、しっかりと明日に向けて準備を進めたいと思います!

図1


今日はBlogをご覧のみなさまにご報告を(^^)

TAKAMI BRIDALは10月5日(水)より同志社大学(京都)にて授業をスタートいたしました。
担当するのはプロジェクト科目(※1)で、
「KYOTOの文化やおもてなしを世界に発信」をテーマに15週に渡り授業を展開していきます!

 

具体的には…
インバウンドと地方創生やMICEをキーワードに、
インバウンド観光客の多い京都で和婚受入協議会(※2) が行っている「インバウンドウエディング」について、京都府からゲストスピーカー招いた講義を実施。
また、京都にしかない技法として、和装の「染・織・縫」についての講義も行います。

学期の後半には、
世界の人気観光都市である京都で地方創生のために何ができるか、
インバウンドウエディングの可能性など、学生自身でテーマを選択し、企画立案を行い、
2017年1月18日(水)に最終プレゼンを発表していただきます。

普段は目にふれる事のない分野について考え、学ぶことで、
学生の皆様には幅広い視野で物事を捉える力を身につけていただきたいと考えています。

グループを組んで企画立案を行うことで、社会人に必要とされる主体性や実行力、コミュニケーション能力を磨くこともできます。

 

これからも私たち、TAKAMI BRIDALは総合ブライダル企業としてブライダルの文化を創造しながら、
このように大学さまでの講義や自社で行っているWEDDING COLLEGE事業を通して
ブライダル業界の未来を担う人材育成にも尽力してまいります!!

諏訪マネージャー 隈部さん 高倉さん

 

※1「プロジェクト科目」…
講義スタイルとは異なった実践型・参加型の学習機会を重視したプロジェクト・ベースド・ラーニング(PBL)を基本とした授業科目です。同志社大学では2006年度から設置。地域社会や企業がテーマを提案し、同志社大学の教員とともに科目を担当していくことで、社会がもつ「教育力」を大学の教育課程に導入し、学生に生きた知恵や技術を学んでいただき、「現場に学ぶ」視点、実践的な問題発見・解決能力など、学生の総合的人間力を育成することを目的としています。

※2「和婚受入協議会」…
四季折々の美しい自然、歴史的景観、もてなしの心、文化、芸術などの京都ならではの魅力ある資源を活用した新たなインバウンドの観光戦略として、日本的なウエディングを京都で展開し、ウエディングマーケットの拡大や和装関連産業の振興を目的として、2014年3月に京都府神社庁、京都仏教会、ウェディング事業者、京都市、京都府で設立。


2018インターンシップは秋も追加開催決定!!

エントリーはこちらから☆(TAKAMI BRIDAL Internship