O u r   C r e w
クルー紹介

scroll

crew story 04.

sales associate

本山 拓実Takumi Motoyama

東海大学 文学部 心理・社会学科卒
252015年入社, 営業
ウェディングプロデュース&MICE Div.
モチーフ イベントデザイン リゾート表参道所属

Q1入社後のキャリア・仕事内容を教えてください。

20154月に南青山ル・アンジェ教会へ配属され、アテンダント業務につきました。
挙式当日について学び、改めて挙式の大切さを身に染みて感じたことを覚えています。
4月下旬より南青山ル・アンジェ教会のセールススタッフへ移り、現在に至ります。
セールスの業務は、平日はエージェント営業を行い、エージェントからの集客増加を目指して動いております。
土曜日・日曜日はブライダルフェアにお越しいただくお客様をご案内して未来の教会のファンを作るように働くこともあれば、挙式のプロデュースに入り挙式当日の対応をすることもあります。

Q2TAKAMI BRIDALを選んだ理由

TAKAMI BRIDALを選んだ理由は会社の経営理念にありました。
「たくさんのありがとうを集める」というなんともシンプルであり、一番大切な考えに共感しました。
同時に創業95年をかけて、集められた「たくさんのありがとう」で溢れる教会のプランナーをしてみたいと思ったのも始まりです。
「ありがとう」という言葉が私自身好きであり、そんな素敵な言葉が溢れる環境で働きたいという気持ちがTAKAMI BRIDALを選んだ一番の理由でございます。

“「たくさんのありがとうを集める」という
なんともシンプルであり、
一番大切な考えに共感しました。”

Q3TAKAMI BRIDALの魅力

TAKAMI BRIDALの魅力は未来の可能性が広がっている部署が多くある点だと思います。
特に現在私が所属しておりますウエディングプロデュース&MICE事業は、ウエディングに留まらず企業のパーティや企画など、広い視野でプロデュース業務ができる部署になります。
婚礼組数が減る中で、プロデュースが自社の会場に留まらず、国内や国外でもパーティを運営できるそんな魅力ある部署は他にはないと思います。
TAKAMI BRIDALは、あらゆる世界で広い視野を持って物事を考えることができる会社であると思います。

Q4印象に残っているエピソード

私が担当するお客様から、挙式入場の扉を開けてほしいと頼んで頂いたことです。
お二人の素敵な人生が始まる第一歩に、挙式入場の際の扉を開けることで携わることができました。
新郎様が入場直前に「緊張して頭が真っ白になりそうです…」と仰るので
「私が最初にお二人にお約束させて頂いたことは、必ず幸せになって頂くことです。
ぜひ、自信をもって歩いてきてください」と握手をしたのも思い出です。
お式後に、お二人から「本当に楽しい時間であっという間だった。打ち合わせもいつも楽しくて、この時間が無くなってしまうのは悲しい」と少し寂しそうに、そして幸せそうに帰っていく姿をみて、涙が出た素敵な時間でした。

Q5どのようにプライベートを充実させていますか

学生からの趣味が、カメラで写真を撮ることや、陸上部で長距離を走っていたこともありランニングなど体を動かすことが好きです。
そのため、休日は写真を撮りに遠くへ出かけることや、体を動かしてリフレッシュしていることが多いです。

そのほかにも、ともに働く職場のクルーとの食事やスポーツ、職場のメンバーとの交流も少なくはありません。人と話すことも好きですが、一人で行動することも多く、バランスよくプライベートは過ごしております。

Schedule ある日のスケジュール

07:00
起床
08:15
出発
時間に余裕があればお弁当作り、準備をして自宅を出ます
09:00
出社
店内清掃、営業準備
09:45
朝礼
10:00
営業開始
新規接客
初めてのブライダルフェアで南青山ル・アンジェ教会のご見学にお越しいただいたお客様の接客
13:00
お昼
14:00
営業外回りへ
未来のお客様をお連れするためにエージェント回り
18:00
職場に戻り、閉店に向けて締め作業や事務処理を進める
19:30
退社
20:00
会社の同僚や同期と食事
22:00
帰宅
就寝
< TOP.