バックアップ

尾西 沙耶花(SAYAKA ONISHI)

企画

2013年入社


尾西さん

Q1:仕事内容を教えてください

現在、モチーフウエディングデザイン リゾート表参道で勤務しているのですが、私の仕事内容はお客様の接客するわけではなく、リゾート挙式(主にハワイ)をされるお客様へ向けた商品の造成や接客ツールの作成雑誌やSNSを通じたPRを行っています。

 

Q2:今までに大変だったことはありますか?

作りたい商品はたくさんあっても耐久性やコストを考慮して商品化に至るまではほんの少しです。
妥協したくないポイントと、どうしてもできないことの間で苦しみました。
どうすれば一番良いものができるかを考えてクルーのみんなと相談したり、パートナー企業さんと一緒に悩んだりして形になった時は達成感がありました。
また、完成したものをクルー、そしてお客様に喜んでもらえたときが一番嬉しかったですね。
パートナー企業さんと「TAKAMI BRIDALさんとの仕事はいつも楽しい!」と言ってもらえたのは本当に嬉しかったです。

 

Q3:仕事の魅力は何ですか?

自分のした仕事によって、お客様、パートナー企業の方、クルーそして自分自身もhappyになることです!

作った商品をプランナークルーが「可愛い!」「売りたい!」と思ってくれること。
そしてご紹介したお客様が同じように「可愛い!」「こんな結婚式をしたい!」と思い、購入につながること。
そして一緒に商品をつくったパートナー企業さんが「素敵な商品ができました!」「ありがとうございます」と言って下さること。
instagramや花嫁レポート、掲載雑誌を見たお客様がこれを見てThe Terrace By The Seaを知りましたと言って下さり、挙式をしてくださること。

 

Q4:部署異動をされましたが、異動したことによって何か変化はありましたか?

社長室 秘書→Overseas Div. Marketing & Planning 企画職 と職種が変わったのですが転職したみたいでした。

仕事の内容も全く違いますし、毎日顔を合わせるクルー、パートナー企業の皆様も新しい人ばかり。
住む場所も京都→東京となり取り巻く環境全てが変わりましたね!
ただ、社長室のときも今の仕事も同じことを繰り返すということが一切無く、毎日違った仕事が飛び込んでくるという部分は同じでした。
新しいことをするのが大好きな私のことを人事の人は分かっていたのかな〜と思います。

 

Q5:TAKAMI BRIDALを選んだ理由

元々ブライダル業界に興味があった訳ではありませんでした。
TAKAMI BRIDALを知ったのは、合同説明会で当時の人事の方が「お話だけでもどうですか?」と声をかけてくださったことがきっかけでした。
私の就職活動の軸は「海外で働けるチャンスのある会社」「人で勝負してます」と言っている業界。
そのフィールドがある、と感じて応募しました。
その後、出会う人出会う人皆さんがキラキラと輝いていて素敵な会社だな〜この会社で働けば自分もキラキラと輝けるかもしれないと思いました。
選考もどんどん進んで、TAKAMI BRIDALとは相性がいいのかな、という自信になりました。
ただ、内定をいただいて最後の最後に「TAKAMI BRIDALで働こう!」という決め手になったのは自分の直感でした。
出会った人や一緒に選考を受けていた同期と合う気がすると思った、というフィーリングのようなものだと思います。

160A7709

Q6:ある日の一日のスケジュールを教えてください

メールのチェック

-朝一にメールを確認して1日の予定を組み立てます

SNSの投稿、チェック

-insatgramを毎日投稿しています!

ランチ

パンフレット制作の打合せ

-デザイナーさんや、印刷会社の方と 誌面の構成やデザイン、どんな紙を使うか、印刷の色の出方等をご相談します。 会場や商品がどれだけ素敵に見せられるか(魅せられるか)がポイント!

誌面構成の確認

-上記の打合せの内容を受けて社内のMarketing & Planning のチームで方向性を確認、誌面をチェックしていきます

メールチェック

過去の商品の分析

-何がどれだけ売れたか、なぜ売れたか、なぜ売れなかったか

来期の商品の企画を練る

-上記の分析を元に次はどんな商品を作ろうかな〜と考えます。プランナークルーや営業クルーから出た意見も大切なideaの元!

SNS投稿

メールチェック

帰宅