O u r   C r e w
クルー紹介

scroll

crew story 01.

general mamager

髙橋 和希Kazuki Takahashi

神戸学院大学 経済学部経済学科卒
2010年入社, ゼネラルマネージャー
ウエディングプロデュース&レストランDiv.所属

Q1入社後のキャリア・仕事内容を教えてください。

20104入社 TAKAMI BRIDAL KYOTOコスチューム営業として配属
2012ハーバートライズチャーチ(神戸)へプランナーとして異動
2014覚王山ル・アンジェ教会(名古屋)へ異動。マネージャーへ昇格
2018覚王山ル・アンジェ教会 ゼネラルマネージャーへ昇格
2018ホテル・アゴーラリージェンシー堺(大阪)へ異動

Q2TAKAMI BRIDALを選んだ理由

私が就職活動を行う中で最も大切にしていたことが「何をするか」より「誰とするか」でした。私自身、心から一緒に働きたいと思える「人」がいる会社がTAKAMI BRIDALでした。また、お客様から直接感謝の言葉をいただき、それをやりがいに感じられるのはブライダルだけだったことも、入社を決めた理由の一つです。

TAKAMI BRIDALは、
入社歴などは関係なく若いクルーに
新しい仕事をまかせてくれる環境だったので、
私も挑戦してみたいと思ったことを思い出します。”

Q3TAKAMI BRIDALの魅力

TAKAMI BRIDALはウェディングにおいて扱う事業領域が広く、様々な視点から顧客への問題解決へコミットできます。ウェディング業界では、弊社程幅広い事業領域を持つ企業は少ないため、大きな差別化になります。

また私自身、現在最年少でゼネラルマネージャーをさせてもらっておりますが、年齢関係なく新しいことにチャレンジさせてもらえる環境も魅力です。

Q4印象に残っているエピソード

プランナーへ異動したての頃、新郎様新婦様が浮かない表情でご来館された方がいました。
私はお疲れなのかと思い、「おふたりの大切なお時間を頂戴してご案内させて頂きますため、本日どれくらいお時間頂戴できますでしょうか。」と質問すると、新婦様から「極力短めにお願いできますか。」とおっしゃいました。
私は「かしこまりました。では最短でご案内努めさせて頂きますが、恐らく2時間程度頂戴するかと思います。宜しくお願い致します。」とお伝えしました。
一通りご案内を終え、おふたりと約束した2時間を3分程度過ぎてしまい、「おふたりの大切なお時間をオーバーしてしまい申し訳ございません」とお伝えし、その日お帰り頂きました。
後日ご新婦様よりお電話頂き、「ぜひ髙橋に結婚式をお願いしたいです」とお言葉頂きました。理由を伺うと、「実はいくつか会場見学に行った際、どの会場も何時間も拘束され、元々結婚式に乗り気でなかった新郎様が見学だけで疲れたから結婚式をやらないで良いんではないか」と仰っていらっしゃったそうです。
そんな中私の勤める会場にお越し頂き、私がおふたりの大切な時間を守ろうとする姿勢に、新郎様から新婦様へ「髙橋さんの所なら結婚式しても良いよ」と仰ったそうです。
涙ながらに「髙橋が私の夢だった結婚式を叶えてくれました。心から感謝しています」とお言葉頂きました。
無事に結婚式を終え、今でも結婚後1周年や2周年と会場に遊びに来てくださっています。

Schedule ある日のスケジュール

10:00
取引先の人材育成セミナー
13:00
取引先の方と昼食
15:00
TAKAMI BRIDALクルー勉強会
18:00
セミナー資料作成
19:00
翌日のタスクまとめ
19:15
帰社
< TOP.